スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17歳バトン

2006-01-28-Sat-23:45
同業のyuantianさんから17歳バトンを頂いてきました。
今日は、中・高と仲良くしてくれた上に、その後のバイトまで
紹介してくれた友人の結婚式。だけではなくて、別の友人のお誕生日、
大学からお世話になっている方々とのお夕食会と盛りだくさんでした。
とはいっても、式はお身内だけで挙げるということで、私にとっては
お誕生日&お夕食会の一日だったのですけれど、なんだか楽しい気分で
過ごせた一日でした。
結婚する友人へのお祝い代わりに、この17歳バトンを捧げます。
(バトンは「続きを読む」の中です)

17歳当時のお肌に戻るための化粧品、壱萬円強。
17歳当時の思い出、プライスレス。 【17歳バトン】

1.17歳の時何してた?

⇒高校生。理系から文系に変えるべきじゃないかと迷いつつ、
 物理の時間に漢文、数学の時間に手紙を書いて、学校から帰ったら
 友人から借りた新スタートレックのビデオ鑑賞。
 今まで生きてきた中で一番平穏だった年。

2.17歳のとき何考えてた?

⇒将来はユニセフ関係の仕事がしたいなぁと、漠然と考えていました。
 その割に語学には身が入らず、定期テスト後の休みにディズニーランドへ
 行くことばっかり考えてました。当時の私にとって、ディズニーランドは
 唯一門限が遅くなる夢の国。年間で7回位行ったかも。
 文系に変わった後で来た18才の時の年賀状に
 「一緒に理科棟へ行ったことを忘れる位、文系らしくなっちゃって」と
 書いてくれたのが今日、結婚した友人。その文面を見て実はほろっと
 したんです。文系に見事に転身した自分に感動して…ではなくて
 理系で一緒にいた事を覚えていてくれたんだなぁという事に。
 

3.17歳のイベント

⇒イベントといえるかどうかと、まだ16歳だった事は別にして
 高校2年のクラス替え。
 クラス会の度に「掲示板を見て、微妙なクラスだと思った」と皆が
 口にするクラス発表。でも今となっては他のクラスは考えられない位の
 本当にいいクラスだったなぁと思います。



4.17歳に遣り残したこと

⇒語学と物理と数学。もっとちゃんとしておけば良かった…と思いつつ
 実は最近、数学は勉強し直し中。ある意味ちょっとした現実逃避。
 趣味でいえばピアノとビームライフル。どちらも中途半端になって
 今からもう一度するには時間のやりくりがうまくいかなくて悔しい。



5.17歳に戻れたら

⇒勉強と趣味の両立に勤しみたい。まぁ、その当時はこれが限界!の
 9割位は頑張っていたと思うので戻ったところで、それ以上頑張れるのか
 非常に疑問です。戻ったら頑張れると思うなら
 いま、頑張ればいいじゃん、私。と自分で突っ込みたくなるから。


6.17歳に戻ってもらう5人

⇒戻りたい、思い出したい方はバトンをお取り下さいませ。
スポンサーサイト

コメント



2006-01-29-Sun-15:25
タイムカプセルを開けていただきありがとうございます♪
理系から転身されてたんですね~。
私のまわりは、そういうひとが多い気がします…
一番の友人もそうです。
自分は全く縁がなかったんですけどね>理系。

ビームライフルって何ですか??

⇒asamiさん

2006-01-29-Sun-23:21
タイムカプセル、開けちゃいましたよ。そして老けこみました。
理系だったのは昔の事…とはいえ、理系の勉強の方が
今でも向いている気がするから不思議。

ビームライフルは決してガンダム関係ではなく、オリンピック競技にあるライフルの
弾が出ないバージョンと思っていただければ…
ライフルなんだけどビーム(授業で使うポインターみたいな感じ)で
詳しくは⇒こちらをどうぞhttp://bigbox.cc.ntu.ac.jp/~tust-br/syoukai.html
集中力と腕力が養われます。
中学1年の半ばくらいから高校1年の途中まで
近くの区立体育館でしていて、全国大会もあったのですけど
視力が落ちてた頃で、親はコンタクト反対だし眼鏡じゃ撃ち辛いしで
ほや~っとやめちゃった感じです。

2006-01-30-Mon-19:29
なるほど!検索したらガンダムが出たので、「???」と思いました^^;
おもしろそうですね!
銃刀法対象外ってとこに惹かれました<をい。

集中力つけるスポーツは大事ですよね。
私も剣道やってたはずなんだけどなー。

⇒asamiさん

2006-01-30-Mon-22:53
やっぱり、ガンダム系が先にヒットしましたか。
銃刀法対象外(だって何も飛び出さないから)で安全だけれど
マナーとして絶対に銃口を人に向けてはいけないという考え方が
凄く好きだったの。ちなみに重さは本物と同じで、
かなり肩が凝るし、筋力が必要です。
引き金を半分引いて呼吸を止めて打つのだけれど、この感覚って
半押しでピントを合わせて撮影するカメラと
似ているから、カメラを触っているとライフルを思い出しちゃいます。

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。