スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真紅の秋

2005-09-20-Tue-19:51
紅茶、緑茶問わずお茶が好きなので、美味しそうなお茶や目新しいお茶を
見かけるとつい寄って行ってしまいます。
いつも行く紅茶やさんには季節のお茶があるのですが、秋恒例のお茶が
入荷されていたので即購入してしまいました。
20050924234134.jpg
「ルージュ ド トンヌ」
紅熟の果実 秋の紅茶 緋色の季節というイメージだそうです。
売切れてしまったら来年まで入荷しないうえ、毎年配合が変わるので 正真正銘の今年の秋の味です。
装丁も毎年変わるのですが、何年か前のオレンジに朱色の装丁が秋らしくて
可愛かったので空になってもとってあります。
とは言っても母親宅にあるので普段目にできないのが残念ですが。
今年は青色に蓮と鶴でエキゾチックな感じです。
鶴が飛び立とうとしている所だと思うのですが、首のへしゃげ具合が
気になります、なんだかコミカル…。
香りはシナモンと甘いお花の香り。今年はシナモン強めとお店の方が
教えて下さったので、シナモン好きとしては飲むのが本当に楽しみです。
好きな味や香り、飲み方、飲む時間をお伝えすると色々とお茶の香りを
試させて頂けるので買う時も楽しいです。
お店の名前は「マリアージュフレール」、ホームページは⇒こちら
トップページで秋のお茶の装丁全体をご覧になれます。
鶴はやっぱりコミカルです。
どうでもよい話ですが、題名に「真紅の秋」と入力したところ第一変換が
「辛苦の秋」でした。そんな秋、イヤすぎます。
スポンサーサイト

コメント



2005-09-26-Mon-02:56
マリアージュフレールといえば黒い缶・・・しか知らなかったです!
こんなかわいい限定デザインがあったんですね!しかもシナモン味ですか。
すっごい気になるー!

⇒asamiさん

2005-09-26-Mon-23:47
黒い缶!あれ、開けにくくない??
ちょっとづつ開けていくと時間がかかって、
一気に開けようと無理するとお茶葉が飛び出す。不器用な私には無理(笑
夏にはガラス瓶のデザイン物もあります。これはかわいいよ~~。
このデザイン缶は蓋も開け易くてお薦め。紙袋で買うより高いけど。

2005-09-27-Tue-02:08
そうそう、普通の缶より開けにくいですよね。
夏にはガラス瓶もあるんですか~。
中身も、だけど、缶とか瓶が欲しくて買っちゃうこともしょっちゅうです。
今度行ったときに見てみますね☆

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。