スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラハでの食事…その2

2005-04-12-Tue-23:55
プラハでは、到着早々にセミスィートの部屋に驚かされましたが
それ以上に驚かされたのが、朝食のパンの量。
前日のうちにドアノブに朝食内容をチェックしたカードをかけておくと
希望の時間に持ってきて下さるのですが、チェックシートには6種類以上の
パン(クロワッサン、黒パン、ロールパン、食パンなど)が書かれていました。
クロワッサンも黒パンも頂きたかったので、二人とも両方にチェックを
入れたのですが、その時は二種類あわせて、一人分の量になるように
調整して下さるのだろうと信じて疑いませんでした。
ところが、運ばれてきた朝食を見て驚いたことに、黒パンが二人分で
日本の一袋分くらいあるのです。さらにクロワッサンが…。
実は、その二つはオプションで、その他に「その日のパン」がありました。
運んでいらした方も、私たちを見て「こんなに食べるのか」という様子。
もちろん食べ切れませんから、夜御飯のために残しておきました。
そんなこんなでプラハでの夕食費は異常に少なかったように思います。
驚きすぎて、毎日、パンの写真を取り忘れたのですが、朝食で頼んだ
一人分の目玉焼きが今日の一枚↓
20050413000631s.jpg

パンの量から推測して、目玉焼きとはいえ「日本で思う普通」には
出てこないだろうと考え、二人で頂くつもりでしたがあえて一人分に。
まぁ、結果は当たりといいますか、一つ頼んでも玉子は二つ。
二人で仲良くわけて頂きました。
ちなみに次の日からも同じように頼んで、夕食だけではなく、昼御飯用に
サンドイッチをつくったりもしました。また行きたいです。
スポンサーサイト

コメント



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。