スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指定★バトン

2006-05-23-Tue-18:32
ASSAMさんから頂きました。
頂いたのは25日ですが、ここのところ書いていない日が多かったので
もらう前の日付に書いてしまおうという魂胆です。

■■■[指定型★バトン]のルール■■■

◆廻してくれた人から貰った『指定』を『』の中に入れて答える事。

◆また、廻す時、その人に指定する事。


ASSAMさんからの指定は『写真』…どうしましょう、難しい…。
ちなみにASSAMさんがお答えになったのは『日本語』で、
読んでいる最中に『日本語』で必死に考えたのに、私のは違う言葉でした。


◆最近思う『写真』

⇒デジカメになってから、失敗も気にせずに撮影できるようになりましたが
 その分、前に比べてシャッターを押す瞬間の気持ちが緩んでしまったような
 気がするのです。上手くいえないのですが…
 徒然草で読んだ「初心の人、二つの矢を持つことなかれ」のような気持ち。


◆この『写真』には感動

子供心に、写真を見た瞬間に衝撃が走ったのは学校の図書室で見た本にあった
ベトナム戦争の中で生きようとする親子の写真でした。
沢田教一さんの『安全への逃避』⇒こちらでごらんになれます。

写真は美しいもの、心安らげるものだけでなく、
直視できないもの、目を逸らしたいものをもはっきりと現すと思います。
感動とは違いますが、この写真を見たとき以上の衝撃はなかなかありません。

純粋に感動した美しい写真というと
石川賢治さんの月光写真⇒こちらの「展示室」でご覧になれます。
大気にある水分の温度や空気の流れまで感じられるような、それでいて
音もなく完全な静寂に包まれているような雰囲気が好きです。
初めて石川賢治さんのお写真を目にしたのはこちらの本でした。
月光浴
月光浴


質問の続きは異常に長くなってしまったので「続きを読む」の中へ…。
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。