スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剪定:マルバマンネングサ観察記3

2006-07-05-Wed-19:37
マルバマンネングサが素晴らしい勢いで成長しています。
(以前の姿は⇒こちら

現在はこんな感じです。
DSCN1855.jpg
…完全に溢れ出しています。
以前、溢れ出した時に小鉢を増やしましたが、小鉢も既に溢れています。
その小鉢を二つ、母に上げましたが母宅でも溢れているようです。
可愛い形(こんもりした感じ)になるように剪定したいのですが
いつも眺めるだけで鋏を入れられません。鋏を入れるとなると
また小鉢が増える訳ですから置き場所を確保しなければ。
既に窓辺に片窓分びっしり並んでいます。
嬉しい悲鳴です。
スポンサーサイト

3週間前の紫陽花

2006-06-25-Sun-21:25
3週間前に小田原に帰省した時に母宅前の紫陽花を撮影しました。
今年はまだ紫陽花を2回しか撮影していないのですが、恐らくこれは…
同じ種類だと思います。代わり映えしませんが、せっかく撮影したので…。
DSCN1837.jpg

結構、大きな株なので離れて撮影しても見応えがありました。
ちょっと、クラゲっぽいかなぁ…と思ったりもします。
この株の向こう側は

玉牡丹

2006-04-11-Tue-20:43
こちらも名前そのままの玉牡丹です。
DSCN1609.jpg
まさに玉の如き蕾。真珠のような柔らかな白でした。
コロコロと枝のあちこちについている様は可愛らしく優美なのですが
この蕾が開きますと

ハリゲヤキ

2006-04-10-Mon-20:40
見てそのままのお名前、ハリゲヤキです。
DSCN1580.jpg
針の長さは長いものだと中指程度(7~8センチ)。
マクロ撮影したいけれど、何だか怖くて近づけない。そんな木でした。
そんな木がどういう木なのかを調べたのですが、どうやら学術的には
貴重な木のようです。
グーグルのイメージ検索結果を⇒どうぞ
ヤフーも、普通のグーグルも検索したのですが、どれもイメージ検索結果と
ほとんど変わりませんでした。よく解らないままですが、貴重だという事が
わかりました。

ブートニア改めグラスのお花

2006-04-07-Fri-23:55
昨日のブートニア⇒グラスのお花がその後どうなったかと申しますと
DSCN1554.jpg
一番しおれていたお花(名前を確認してくるのを忘れてしまいました)が
なんとなんと、シャキッとしていました。夜になってもまだシャキッとした
ままです。他のお花も開いてはきましたがまだまだ元気。
お花の生命力に驚かされた次第です。

ちなみに、今日は続けてになりますが昨日お邪魔したお友達のお家にまた
HOME 次へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。