スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝沿道記:5

2006-01-07-Sat-23:33
復路のスタートは、往路のトップから10分以上差がつくと一斉スタートに
なるので、10分を過ぎたあたりから走者は次々とやってきます。
当然、応援にも熱が入って車道にちょっと降りる人も出てきます。
DSCN1068.jpg
前を行くのは日本体育大学、追うのは城西大学。左隅には応援の方…。
あまりにバッチリお顔が写っていたので細工しちゃいました。
次々と走者が来るという事は私もカメラもいっぱいいっぱいという訳で
スポンサーサイト

箱根駅伝沿道記:4

2006-01-06-Fri-23:32
早速ですが、次の走者は東洋大学です。
DSCN1044.jpg
ゼッケンあたりにピントが合うようになってきました。
濃い色のユニフォームは肉眼よりも写真のほうが際立つなぁと思いました。
次も濃い色のユニフォーム、日本大学です。
DSCN1047.jpg
ユニフォームと桜色の襷の組合せがとても綺麗です。奥に写っている

箱根駅伝沿道記:3

2006-01-05-Thu-23:32
箱根駅伝沿道期も二日目にして、正月休暇最終日…。
思えば、寝正月・箱根駅伝・荷物探し・帰京&仕事というあっという間の
正月休暇でした。それでも三食昼寝付きの生活で充電完了です。
さて、今日は2番目に通過した山梨学院大学の走者なのですが、一人目の
写真を確認して微調整した結果、微調整が過ぎて一枚もピントが
あっていないという状況に。やはり欲張ってはいけません。
DSCN1032.jpg
その中でもお気に入りの一枚はこちら。ピントが合っていないなりに
他のどの写真も結構気に入ってはいるのですけれど、全部載せるのは

箱根駅伝沿道記:2

2006-01-04-Wed-00:02
私の目の前を一番に通っていったのは順天堂大学の走者でした。
走り去る被写体の撮影は初めてで、訳もなくまだ遠くにいる時から
撮影し始めたりしてしまったり…
DSCN1023.jpg
まだまだ遠いですが、連写ですから一度押し始めてから指を離すのには
勇気が要ります。そんなわけで押しっぱなしに…

箱根駅伝沿道記

2006-01-03-Tue-08:45
2日の雨と雪が嘘のような素晴らしいお天気に恵まれた、3日の復路。
昨年小旗を振った6区から7区への中継所へ行くためには乗換えが必要で、
これがまた乗車率80%?と思うような電車であったため、今年は沿道での
小旗振りに変更。というよりも2日にテレビで見たときに中継所が
小田原市街になっていたので3日も同じ場所だと勝手に思ったというのが
正しいのですが、これはこれで移動距離が少なくて人込みもなく大正解。
小田原駅から15分ほど歩いて国道1号に出ると、新聞社の小旗を配る
係の方を発見。間違いなくここが沿道である事に一安心して旗を貰い
日向で、写真も撮れそうな小旗振りポイントを探して、試し撮り。
DSCN1022.jpg
青空に舞う報道ヘリ。どうやらカメラは壊れていない模様。
さらに今日は動く被写体なので動くもので試し撮り。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。